貧乳で一番大切なことは、女性ホルモンを分泌する事です

胸が大きくならなかった原因とは?

 

 

胸が大きくならかった原因は、20代までの睡眠不足が原因です。ただの、睡眠不足ではありません。ゴールデンタイムと言われている10時には、寝ないと成長ホルモンだけでなく女性ホルモンもしかり分泌されません。

 

遅くとも12時には寝てないといけません。特に思春期に一番分泌量が多くなるのでこの機会を逃した人が胸が小さい人が多いです。

 

では、大人になった今では遅いのかという事です。
決して遅くはありません。実際に20歳を超えた人でもバストアップのために女性ホルモンを分泌する事を意識したら胸が大きくなったという人はいます。

 

20代・30代女性がはじめるバストアップ方法とは?

 

20代、30代からバストアップするときも基本的な事は変わりません。まず、しっかり睡眠をとる事です。夜中に寝て、昼頃に起きるような生活をしている人は、中々バストアップで成功する事は難しいです。

 

睡眠の目的は、女性ホルモンを分泌する事にあります。睡眠が欠かせないわけです。
ただ、きちんと寝る事で胸が大きくなるなら苦労しないわけです。

 

そこで、女性ホルモンを分泌を促すサプリメントであるプエラリアミリフィカを摂取する事が大切です。プエラリアを摂取する事で、エストロゲンという女性ホルモンを分泌する働きがあります。

 

大豆イソフラボンもエストロゲンと同じ構造をしているから乳腺細胞を刺激する事によって胸に脂肪がつくといわれていますが、一日70mg以上摂取しないとエストロゲンと同じ働きをしません。70mg以上摂取するのは難しいので、はじめからプエラリアを摂取した方が効率的に女性ホルモンを分泌する事ができます。

 

市場には、偽物のプエラリアが出回っています。本物のプエラリアを飲む事で初めて効果を感じる事が出来ます。