太っているのに貧乳です。胸が小さい意味が分かりません。

太っているのに胸が小さい理由とは?

 

太っているのに、貧乳というのはよくある事です。
芸能人の柳原可奈子さんも自分でもビックリするくらい胸がないといっていました。
逆に、太っているタレントさんは、谷間ができるから胸が大きい人が多いですね。

 

この2人の違いはなんなんでしょうか?

 

これは、2つの理由が考えられます。1つ目の理由は、女性ホルモンの分泌が足りなかった。2つ目の理由は、胸にあった脂肪が違うところに流れてしまったのが原因です。

 

女性ホルモンが足りない
多くの場合は、女性ホルモンが足りない可能性があります。女性ホルモンが分泌されると、胸に脂肪がつきます。その他にも、太もも、腰回り、二の腕、おしりに脂肪が付きます。今言った部分に脂肪がついていないのであれば、女性ホルモンが足りなかったために脂肪がつかなかった事が考えられます。

 

お腹に脂肪がついてる場合は、ただの食べ過ぎです。勘違いしないでください。だから、女性ホルモンが足りなかったという事は、エストロゲンという女性ホルモンを分泌させることで、バストアップする事が可能です。

 

プエラリアミリフィカというサプリがあるのですが、これを摂取すると女性ホルモンが分泌されうのでバストアップ効果が望めます。

 

脂肪が流れてしまった人
女性の脂肪は男性に比べて非常に柔らかいので、重力もありどんどん違うところに脂肪が流れてしまいます。この脂肪を胸に集める事で、本来のバストを取り戻すことが出来ます。

 

この方のように脂肪をいかに胸に集めるかが重要になってきます。お腹の脂肪も胸に持ってくることができるので、一石二鳥です。

 

この動画の真似をしてもいいですが、バストアップ体操をする事で、より効果的にバストアップする事が可能です。

 

 

バストアップ講師として有名な戸瀬恭子さんが販売しているバストアップです。
テレビにも出演されていて、10分で5cmのバストアップを可能にした人でもあります。
もちろん、その効果は1日にしか持ちませんが、継続する事で、それをずっと維持する事が出来ます。

 

今、ある脂肪を胸に集めてバストアップしたいなら一度は見ておいた方がいいです。